クボタGパイル

地すべり抑止杭 Gパイル

Gパイルの特長

Gパイルは地すべり抑止杭として優れた種々の特長を備えています。これらの特長を設計に取入れることにより、
工費の縮減と工期の短縮が可能となります。

Gパイルの特長@

設計の自由度が高い抑止杭です

  ・Gパイルは外径・肉厚を自由に選べますから、杭間隔を適切にし、杭本数を少なくできます。
  ・細い杭で大きい荷重を支持できるため、ボーリング径を小さくできます。
Gパイルの特長A

完成品で納入します

  Gパイルは施工図通りの寸法で納入されますから、材料のロスがありません。また、あらかじめ標準仕様通りの現場溶接部の開先加工・裏当金・ストッパーの取付けが、工場で行われて出荷されますから、現場で直接建込みができます。さらに、吊孔やモルタル注入孔の加工、および吊金具やモルタル注入管の取付けを工場で行うことも可能です。
 
吊孔 開先加工・裏当金
吊孔 開先加工・裏当金
ストッパー 吊金具
ストッパー 吊金具
[図1] Gパイルの各部名称
Gパイルの各部名称
Gパイルの特長B

優れた溶接性が得られます

  Gパイルは炭素当量を規定した溶接構造用遠心力鋳鋼管で、しかも現場溶接用開先があらかじめ機械加工されています。
このため、寸法精度が高く、優れた溶接性を確保できます。


ページTOP