クボタGパイル

地すべり抑止杭 Gパイル

Gパイルの製作

Gパイルは、遠心力鋳造法により製造された素管を熱処理、加工して組立てた遠心力鋳鋼管で、
その製作工程は(図2)に示す通りです。

遠心力鋳造法
  鋳造機の上で高速回転する(離型材と断熱材でライニングされた)円筒形金型の中に注入された溶鋼を、
遠心力の作用で金型内面に伸展・圧着させ、凝固させる製造法を、遠心力鋳造法と呼んでいます。
この製造法の特徴は下記の通りです。

(1) 重力加速度(9.8m/sec²)の約80〜100倍の強大な遠心力により鋳造されるため、緻密で強靱な鋼が得られます。
(2) 外径は、金枠の型通りに製造できます。
(3) 管の厚さが、注入鋼量によってコントロールできます。
遠心力鋳造法
[図2]Gパイル製作工程概略図
Gパイル製作工程概略図


ページTOP